【CMD】ファイル・フォルダを拡張子の関連付けどおりに開くには

ファイルやフォルダーを拡張子の関連づけどおりに開くには、
以下のコマンドを実行します。


rundll32.exe url.dll,FileProtocolHandler [ファイル・フォルダーのパス]


STARTコマンドとほぼ同じですが、
DOS窓が開かない分、STARTコマンドより美しいかもしれません。

rundll32.exeは、dll内の関数を呼び出して実行することができます。
ここでは、url.dllのFileProtocolHandler関数を呼び出しています。






WindowsXP/2000バッチプログラミング実用テクニック
ナツメ社
阿部 友計

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by WindowsXP/2000バッチプログラミング実用テクニック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック